「手をつないで円形に並ぶ」

問題 6人の男子と2人の女子が手をつないで円形に並ぶとき、女子2人が向かい合って並ぶ場合の数を求めなさい。 
 

解法のポイント

女子2人を向かい合わせて、残りの6人の男子の並び方をイメージする。

2人の女子を向かい合わせる。向かい合わせになるパターンは、もちろんこの1通り。残りの男子が、①から⑥にどのように並ぶのか、その並び方を考えるとよい。

つまり、男子6人が①から⑥に並ぶ「順列」を考える。

この場合、「円順列」ではないことを、しっかり理解しましょう。

 

上の2通りの並び方は、もちろん「異なる並び方」です。「円順列」として処理してしまうと、この2通りは「同じ並び方」ということになってしまいます。

答 720通り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする