高校数学一覧

平行四辺形の個数~(組合わせの活用)

平面上のに7本の平行線、さらに交わる6本の平行線によってできる平行四辺形の個数を求める問題です。最初に、平行線を少なくして、平行四辺形ができるときのイメージを、わかりやすく解説しています。これなら、わかるを実感できます。

組分けの問題~組合わせの活用

10人を、2人ずつ5組に分ける、A~Eの5組に分ける場合など、組み合わせの問題です。まぎらわしい内容をイメージ図を豊富に用いて,わかりやすく解説しています。これなら、わかるを実感できます。

続 グループ分け

6人を、2つの部屋や3つの部屋に入れる場合で、空室がない場合をイメージ図を用いてわかりやすく解説しています。これなら、わかるを実感できます。

集合の部分集合の個数を求める

「部分集合の個数」の求め方を、「書き並べる」方法から「樹形図」を用いた方法へと、少しだけレベルアップして求めてみましょう。それによって、式を用いた解き方へとつながっていきます。

グループ分け

8人を「2つの部屋A,Bに入れる場合」と「2つのグループに分ける場合」の違いを、スッキリ理解しましょう。わかりやすい解説をつけています。